男性のクレンジング・洗顔|【完全個室】メンズ脱毛サロン ZELMO(ゼルモ)

恵比寿店

Tel.03-6455-2871

銀座店

Tel.03-6260-6075

【平日】12:00~21:00(最終受付20:30)【土日祝】10:00~19:00(最終受付18:30)【定休日】なし

×

男性のクレンジング・洗顔OFFICIAL BLOG

カテゴリー:ブログ

2019年7月30日

最近では、男性でもお化粧する方や日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策をしている方が増えてきましたね。

 

お肌に気をつけている男性は素敵です。

 

 

ですがクレンジングは、女性だけがするものと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

男性は、女性に比べると皮脂が多い為テカリやべたつき感が強いです。

 

皮脂を放置しておくと鼻に角栓(ボツボツ)やニキビの原因につながります。

 

また、お化粧や日焼け止めをしているのにクレンジングをしていないと肌荒れの原因。

 

落ちたらいいでしょと「洗浄力の高いものでしっかり洗う」というのは間違いです。

 

 

理想は、余分な皮脂や汚れをしっかり落としつつ肌への負担が少ないものを選ぶことです。

 

 

男性脱毛

 

 

―クレンジングと洗顔の違いー

 

 

クレンジングは、メイクなどの皮脂汚れ、毛穴に詰まった汚れや角栓、黒ずみなどを落としてくれます。

 

 

洗顔は、肌に必要のない古くなった角質や余分な皮脂、汗など顔についたほこりを落としてくれます。

 

 

簡単にいうと、、、

 

クレンジングは→主に《油性》落ちにくく頑固な毛穴の詰まり

 

洗顔→主に《水性》汚れをきれいにする

 

 

クレンジングとは?

 

 

①毛穴の汚れを落とす

 

洗顔で落ちきれない汚れを放置しておくと、くすみ・黒ずみ・毛穴の開き・ニキビの原因になります。

 

 

日焼け止めやファンデーションなどを落とす

 

お化粧している方やウォータープルーフの日焼け止めを使っている方には必須。

 

日焼け止めも様々な種類があるので、「石鹸で落ちる」と書いていないものはクレンジングが必要になります。

 

 

クレンジングの種類

 

 

①オイルクレンジング

 

洗浄力は高いが肌への負担も大きい。

 

乾燥肌・敏感肌・ニキビ肌の方には控えた方がいいアイテムになります。

 

 

 ②ジェルクレンジング

 

オイルは、洗浄力が強すぎる、クリームはべたつくから苦手という方にオススメ。

 

また、水性タイプ・油性タイプの2種類あります。

 

 

 ③リキッドクレンジング

 

洗浄力が高めですがクレンジングオイルよりは低い。

 

さらさらしていて使いやすいテクスチャーです。

 

 

 ④クレンジングミルク

 

肌に優しいものが多く、しっとりした仕上がりに。

 

乾燥肌の方にオススメ。

 

 

 ⑤クレンジングクリーム

 

クレンジングオイルに比べると洗浄力はやや低いですが、潤いを保ちつつ汚れを落としてくれます。

 

 

 ⑥オールインワン(クレンジング+洗顔)

 

界面活性剤(油分から水分に代わる働きがある)が含まれている為、ダブル洗顔不要のもの。

 

クレンジングと洗顔が1本で出来るため時短になりケアが簡単。

 

ですが、洗浄力がやや弱く洗顔後のさっぱり感が薄いです。

 

 

 

 

洗顔フォームの種類

 

 

 ①泡タイプ

 

プッシュするだけできめの細かいもっちりとした泡が出てくるので便利さ抜群。

 

洗顔による摩擦も防ぐことができ、毎日洗顔料を泡立てるのはめんどくさいという方にはオススメ。

 

 

強い界面活性剤を使用している泡タイプの洗顔料もあるので注意して選ぶのがポイント。

 

 

 ②ジェルタイプ

 

 

水分量が多いので泡立てが簡単。

 

洗浄力が高く、洗い上がりがさっぱりしているのが特徴。

 

 

ジェル特有のぬめりがあるのでしっかりと洗い流しましょう。

 

 

 ③クリームタイプ

 

 

よく薬局などで見かけるチューブ型の洗顔料。

 

持ち運びもしやすく、量も調節できるので便利。

 

もっちりとした泡を作るには専用のネットが必要。

 

 

 ④石鹸タイプ

 

 

肌の負担が少ない洗顔料。

 

泡立てるのに少し時間がかかってしまうため他の洗顔料に比べて泡立てるのに時間をかける必要があります。

 

⑤スクラブ入りタイプ

 

 

 

洗顔料の中に微粒子が入っています。

 

古い角質や毛穴などのざらつきが気になったときに使うのがオススメ。

 

 

ざらつきや毛穴をスッキリさせてくれますが、肌への刺激が1番強いのが特徴。

 

そのため、週に一度のケアとして使用することで肌負担も減らすことができます。

 

使う際は、優しくなでるようにしましょう。

 

 

 

 

クレンジング・洗顔は、美肌に近づくための土台作りに重要な役割を担ってます。

 

お肌に合わせて選んでみるのが今後のお肌のための第一歩。

 

一時的に使うものではなくずっと使い続けるものになるので負担にならない価格の物を選ぶのも大切です。

 

クレンジング・洗顔マスターになってモテ肌目指していきましょう!!