ヒゲをデザイン脱毛しませんか?あなたもヒゲ脱毛でおしゃれにかっこよく!|【完全個室】メンズ脱毛サロン ZELMO(ゼルモ)

恵比寿店

Tel.03-6455-2871

銀座店

Tel.03-6260-6075

【平日】12:00~21:00(最終受付20:30)【土日祝】10:00~19:00(最終受付18:30)【定休日】なし

×

ヒゲをデザイン脱毛しませんか?あなたもヒゲ脱毛でおしゃれにかっこよく!OFFICIAL BLOG

カテゴリー:1.メンズ光脱毛

2019年10月24日

 

 

 

1.ヒゲのデザイン脱毛について知ろう

 

 

 

髭のデザイン

 

 

 

 

 

サロンでのメンズ脱毛は、永久脱毛だけではありません。

 

 

 

 

むしろ、今は毛量の調節やヒゲの形を好きなように整えることの方が一般的です。

 

 

 

 

 

ヒゲ脱毛というと、ツルツルになってしまうのでは?と思う方もいるかもしれませんね。

 

 

 

しかし、その心配はありません。

 

 

 

 

 

デザイン脱毛であれば、

 

・全体的に薄くする

 

・部分的に残して、ヒゲは生やしておく

 

・もみあげやヒゲなど、不要な毛を脱毛してキレイなラインをつくる

 

 

 

など、おしゃれや自分自身が納得のいくヒゲ脱毛が可能になるわけです。

 

 

 

 

 

例えば、多すぎるヒゲの量を減らしてバランスをよくしたり、

生やしておきたい部分だけを残したりすることで、清潔感のあるヒゲをつくることができるのですね。

 

 

 

 

デザイン脱毛であれば、適度に量を減らしたりラインを整えたりするだけなので、

脱毛に抵抗がある方も取り入れやすいというメリットがあります。

 

 

 

 

 

ヒゲの量が多すぎてコンプレックスを抱えていた方や、毎日のケアが大変だという方は、

 

まずはデザイン脱毛からトライしてみるのもいいですよ。

 

 

 

 

 

 

【デザイン脱毛を完了させるには、どのくらいの期間がかかる?】

 

 

 

厳密に、どのくらいといった回答を得ることは難しいでしょう。

 

 

 

理由としては、どのようなデザインにするかにもよるからです。

 

 

 

 

例えば、全体的に毛を薄くするだけであれば、永久脱毛よりもかなり短期間で済むことでしょう。

 

 

 

 

また、理想のヒゲを求めてこだわりはじめると、

永久脱毛と同じ程度の期間がかかることもありえるかもしれません。

 

 

 

 

 

脱毛は、「1回行ったらはい終わり」というものではありません。

 

 

 

毛には毛周期というものがあるので、基本的にはその周期に合わせて通い続けることが大切です。

 

 

 

つまり、だいたい2~3ヶ月に1回は施術のために通い、

1年~2年程度を見ておくと良いかもしれません。

 

 

 

 

事前に、「このデザイン脱毛であれば完了までにどの程度の期間がかかるのか」といったことを、

施術スタッフに相談してみると安心ですね。

 

 

 

 

 

 

 

【費用面が気になる!永久脱毛よりは安いの?】

 

 

 

永久脱毛ではないから費用が安くなる、ということはないでしょう。

 

 

 

 

 

基本的には、6回セットや12回セットといったように、通う回数が決まっていることが多いです。

 

 

 

ただし、ゼルモでのヒゲ脱毛であれば、回数を自分で決めることができます。

 

 

 

 

どういうことかというと、都度払いという支払い方法を選べるのです。

 

 

 

つまり、9回目で納得のいく結果を得ることができれば、もう一度施術に通う必要はなくなります。

 

 

 

もちろん、満足いくまで通い続けることも可能です。

 

 

 

 

 

そのため、初回だけ試してみるという「お試し」施術ができるというのも魅力的のひとつ。

 

 

 

ゼルモくん
また現在、ゼルモではヒゲ脱毛の初回50%オフキャンペーンを行っています。

 

 

 

 

1ヶ所のみ・3ヶ所セット・5ヶ所セット・オール7ヶ所セットから自分のなりたいヒゲの形を考えつつ、

 

 

施術スタッフと一緒にコースを選んでいくことができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.ヒゲOKの職業・ヒゲNGの職業

 

 

 

髭のデザイン

 

 

 

 

 

一般的には、社会人になると「ヒゲのお手入れ」が必要とされることが多いでしょう。

 

 

 

 

 

あらゆるビジネスシーンにおいて、ヒゲの有無が職務上の成果・成績:実績などに、

残念ながら直結してしまうケースもあるからです。

 

 

 

それでも、社会人になったらすべての職種において「ヒゲが禁止」というわけではありません。

 

 

 

では、どのような職種がそれぞれ思い浮かぶでしょうか。

 

 

 

 

 

・ヒゲがNGになりやすい職業

 

 

 

【営業職】

 

 

もちろん企業にもよりますが、清潔感や爽やかさが求められるような営業職の場合、

ヒゲは好まれない傾向にあるといえるでしょう。

 

 

 

TPOにそぐわないようなヒゲを生やしていたら、相手の心情からすれば、

「この人は我を通す姿勢でいるのだろうか」と印象づけてしまうことに。

 

 

 

 

 

 

【販売職】

 

 

一般消費者や利用者と直接関わり合いがある場合となると、

ヒゲをNGとする企業も多いようです。

 

 

 

オシャレなアパレルショップやアクセサリーショップの販売員であれば「かっこいい」が先に立ち、

ヒゲもアリなのでは?とも思われるかもしれませんが、

 

こればかりは日本でも浸透していくのにまだ数年はかかるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

【専門、サービス職(医療・福祉・教育など)】

 

 

医療・福祉・教育など、信頼や清潔感が重視される職場では、

ヒゲは特に注意しなければならないもののひとつでしょう。

 

 

 

 

教育の面では、生徒からはおしゃれで人気の先生でも、親の目線から見るとどうでしょう。

 

 

 

 

ヒゲの手入れもできないようでは、我が子の教育をしっかりできるのかしらと思われてしまうかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

・ヒゲがOKとされやすい職業

 

 

【芸能人・スポーツ選手】

 

 

「理想のヒゲ」を思い浮かべたとき、芸能人・スポーツ選手の名前を挙げる人も多くいることでしょう。

 

 

 

 

 

芸能人やスポーツ選手は自分自身がトレンドの担い手であるために、

 

ヒゲで判断されたり否定されたりすることはないといえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

【美容師・理容師】

 

 

クリエイティブ系の職種では、

自由な社風が昨今広がりを見せており、若者に人気があります。

 

 

 

また、美容師や理容師は美的センスやファッション性が高く評価されます。

 

 

 

 

デザインされたヒゲを見て、「オシャレだ」と感じる顧客も多くいることでしょう。

 

 

手入れされたヒゲは、職務上の武器にもなりうるのです。

 

 

 

 

 

 

【経営者・役員】

 

 

企業のトップがヒゲを生やしている場合も少なくはありません。

 

 

 

 

 

例えば、ベンチャー企業やゲーム制作会社などが挙げられます。

 

 

 

こうした企業は、その人個人の「身だしなみ」よりも「職務の精度」の方が重要視されているということでしょう。

 

 

 

 

 

 

【運輸・物流職】

 

 

物流系のドライバーなどは、一般消費者との接点が少なく、

身だしなみに厳しい制限を加えなければならないケースがほとんどないといえるでしょう。

 

 

 

 

 

忘れてはならないのは、

ヒゲを許容している職業であっても、「清潔感」のないヒゲはいけません。

 

 

 

青ヒゲや伸び放題のヒゲは論外です。

 

 

 

 

これは大切なポイントですので、頭の片隅にとどめておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.どんな人がデザイン脱毛するの?

 

 

 

髭のデザイン

 

 

 

 

 

「デザイン脱毛っておしゃれな人がするんでしょ?」

 

「自分にはおしゃれにデザイン脱毛する自信がない」

 

 

なんて思って、最初からあきらめている人はいないでしょうか。

 

 

 

 

 

デザイン脱毛には、おしゃれとは別のニーズもあります。

 

 

・鼻下とアゴだけは残しておきたい

 

・頬だけ生えてほしくない

 

・自分でヒゲを整えるのが面倒

 

・ツルツルにはしたくないが、全体的にヒゲの本数を減らしたい

 

 

 

こうした希望を叶えるのがデザイン脱毛です。

 

 

 

 

 

多すぎる毛量を減らすことで日々の手間を省いたり、

ケアを楽にしてカミソリ負けなどの肌荒れを防いだりすることも期待できるわけです。

 

 

 

ヒゲの量が多すぎて青く見えてしまう、

もみあげとつながってしまうのがコンプレックスといった、外見上の悩みも解決できることがあります。

 

 

 

 

すべてのヒゲをなくすという考えではなく、必要な毛は残して自分の理想とするヒゲに近づけたいという方には、

デザイン脱毛がオススメです。

 

 

 

 

 

また、芸能人のように整ったヒゲを脱毛で形作っておくことで、

手間なくいつでもおしゃれを楽しめるようになります。

 

 

 

コンプレックスが解消されることで、今までは難しいと思っていたことも取り組めるようになるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.どんなデザインが人気ある?

 

 

 

髭のデザイン

 

 

 

 

 

デザイン脱毛といっても、そのデザインはさまざまです。

 

 

 

 

あなたが望むようなデザインがあるかどうかをチェックしてみましょう。

 

 


 

【あごヒゲのみ:引き締め効果あり】

 

 

あごにだけヒゲを残す、いたってシンプルなデザインです。

 

 

 

あっさりしており、顔を引き締める効果もあります。

 

 

 

鼻下に口ヒゲがないので清潔感があると同時に、あごヒゲで男らしさをアピール!

 

 

 

 

三角形や台形などといったヒゲの幅をカスタマイズすることにより、アレンジも広がります。

 

 

 


 

 

 

【あごヒゲ(下)のみ:すっきりした印象に】

 

 

下あごに沿うように、あごヒゲの下部分だけ残すデザイン。

 

 

 

毛の生えている部分の面積が小さいため、すっきりとした印象になります。

 

 

面長の男性であれば顔の縦幅が目立たなくなるため、バランスよく仕上がりますよ。

 

 

 


 

 

 

【上口ヒゲ:チャレンジしやすい】

 

 

上口ヒゲだけにヒゲを残すデザインです。

 

 

 

清潔感が出しやすく、カジュアルなファッションはもちろんビジネスシーンでもきちんと感が演出できるのが特徴です。

 

 

 

 

デザイン脱毛のなかでも、比較的チャレンジしやすいといえるでしょう。

 

 

 


 

 

 

【口ヒゲ+あごヒゲ:男らしさアップ・ワイルド】

 

 

口ヒゲとあごヒゲの両方を生やします。

 

 

どちらか一方を生やすよりも男らしさがアップします。

 

 

男性芸能人によく見られる人気のデザインです。

 

ラインをきれいに整えると、清潔感も演出できますよ。

 

 

 


 

 

 

【口周り+あごヒゲ:ダンディ】

 

 

口の周りとあごヒゲに加えて、それを囲むようにヒゲをつなぐデザインです。

 

 

 

 

口周りとあごヒゲだけの状態と比較すると、ぐっとダンディな印象に。

 

 

 


 

 

 

【口ヒゲ+あごヒゲ+モミアゲ:個性派】

 

 

モミアゲまで生やすスタイルのデザインは、個性的な印象にしたい人にぴったり。

 

 

 

あごヒゲとモミアゲをつなげて、洗練された男らしさを演出できます。

 

 

 

 

モミアゲが薄ければ、よりおしゃれな印象に。

 

野武士ヒゲと呼ばれることも。

 

 

 


 

 

 

【口ヒゲ(下)+あごヒゲ:シャープな印象に】

 

 

あごヒゲと下唇のヒゲをつなげないタイプです。

 

 

顔の輪郭が逆三角形の男性に似合うデザインだといわれています。

 

 

 

 

顔がシャープに見えて、形を小さく整えるとよりヒゲのデザインがより際立ちます。

 

 

 


 

 

 

【口ヒゲ+扇型あごヒゲ:人気の高いおしゃれデザイン】

 

 

近年人気があるデザインはひとつ、口ヒゲと扇形あごヒゲ。

 

 

 

 

男性アーティストによく見られるデザインで、一般人にも浸透してきています。

 

 

 

基本の型であり、慣れていない初心者でも簡単にお手入れできるのが特徴的です。

 

 

 

 

また、あごからもみあげまでうっすらとつなげたヒゲも同じく人気がありますよ。

 

 

 

 

輪郭が際立つと顔が小さく見えるため、顔の大きさにコンプレックスを持っているような人におすすめのデザインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.デザイン脱毛時のポイント

 

 

 

髭のデザイン

 

 

 

 

 

自分の顔の形、系統を分析してからなりたいデザインを探してみましょう。

 

 

 

 

 

 

・明確に伝えること

 

 

理想とするデザインがあるのであれば、明確に伝えなくては伝わりません。

 

 

 

 

例えば、写真や画像として残しておき、施術前にスタッフに見せると良いでしょう。

 

 

 

 

 

今の毛量や生え方の問題で、どうしても難しいと言われてしまうこともあるかもしれませんが、

サロン側にもデザインサンプルがあるところが多いので、

後悔しないようにきちんと相談しあって理想のデザインを決めていきましょう。

 

 

 

また、伝える際には細かい要望まできちんと伝えることが大切です。

 

「この部分は特にしっかりと脱毛してほしい」

 

「この部分はできれば残しておきたい」

 

「この部分は毛の量を減らして薄くするだけで良い」

 

など、希望があればできるだけ細かく伝えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

・自分に合っているデザインなのかを確認する

 

 

「このデザインがかっこいい」

「これなら男らしくてイケてる」と思ったとしても、

 

 

実際にそのデザインがあなたに似合うかどうかは別の話です。

 

 

 

 

手っ取り早い方法としては、恋人や友人、知り合いなどに「このヒゲ、似合うと思う?」と質問してみることです。

 

 

 

 

 

そして、最終的には施術してくれるスタッフと話し合って決めましょう。

 

 

 

 

あまりにも似合わなそうという声が周囲から上がったようであれば、思いとどまった方が良いかもしれません。

 

 

 

 

自己満だけで突破しても、後から後悔することになっては遅いですからね。

 

 

 

似合いそうという声が多かった場合、思い切ってそのデザインにチャレンジしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.デザイン脱毛のメリット

 

 

 

髭のデザイン

 

 

 

 

 

ヒゲの悩みを持つ男性は多いといわれます。

 

 

 

 

見た目がコンプレックスになっているというものや、

「仕事上で相手に不快感を与えてしまうかもしれない」という気がかりなど、その内容も多岐にわたります。

 

 

 

 

 

また、毎朝の手入れが面倒という人も当然のことながら多いものです。そうした悩みを解消できる方法がヒゲ脱毛です。

 

 

 

 

 

 

ヒゲのデザイン脱毛を行えば、毎日のヒゲのケアが手軽になるというだけではなく、

ヒゲをファッションの一部として、または気分に合わせて処理するのも楽しくなってくるかもしれません。

 

 

 

 

ヒゲが濃いという理由で悩んでいる人にとっては、ヒゲ全体を薄くするだけでも気持ちが楽になることでしょう。

 

 

 

 

 

ヒゲを嫌だ、面倒くさい、毎日のケアが大変だから伸ばし放題だ、

 

 

それとは逆に、毎日カミソリで処理しているせいで青くなっているといったような人にこそぜひオススメしたいヒゲのデザイン脱毛。

 

 

 

デザイン性の高いヒゲであれば、男らしさを強調したりワイルドに演出したりすることも可能といえます。

 

 

 

Tシャツ1枚といったラフな服装でもおしゃれに見えたり、

サマになっていたりするようなこともあるはずです。

 

 

 

 

ヒゲを自在に演出できるのは、男性特有のもの。男性の特権なのです。

 

 

 

 

 

デザイン脱毛をすることで、いつもとは違う自分との出会いが待っているかもしれませんよ。

 

 

 

 

まったく想像がつかないという人でも、自分に似合う、

 

最適なデザインを施術スタッフと一緒に探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

「あこがれの俳優と同じタイプのヒゲを」

「無精ヒゲというものにあこがれていた」など、どんなデザインでも構いません。

 

 

 

 

自分にも似合うかどうか、一度考えてみるだけでもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

この機会に、デザイン脱毛で洗練されたヒゲを手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

メンズ脱毛サロン、ゼルモのホームページはこちら!