自宅でVIO脱毛はできる?セルフ脱毛の方法や安全性について検証

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket

自宅にいる時間が長くなると気になるのはムダ毛のケア。サロンに通われている方でも「外出は控えた方がいいのかな」と気おくれすることがあるかもしれません。

この記事では、自宅でできる脱毛方法の特徴やセルフ脱毛の注意点についてご紹介します。

この記事のポイント

  • カミソリから光脱毛機器まで、自宅でできる脱毛方法はさまざま
  • セルフ脱毛では「毛嚢炎」「やけど」などの皮膚トラブルに注意
  • 自宅で安全にVIO脱毛をする際は脱毛器の「あて方」が重要
  • 完全個室のゼルモなら手間なく安心して施術が受けられる

脱毛はセルフで大丈夫?メリットデメリットを整理


セルフ脱毛の方法はさまざまですが、肌が弱い場合やデリケートな部位には使えない方法もあります。

脱毛種類 脱毛方法 メリット デメリット
カミソリ シェービング剤をつけて剃る ・手軽で安価
・深剃りができる
・角質や毛穴を傷めやすい
・出血する場合がある
・広範囲を脱毛する場合は時間がかかる
毛抜き 1本1本毛をつまんで引き抜く ・手軽で安価
・深剃りができる
・角質や毛穴を傷めやすい
・出血する場合がある
・広範囲を脱毛する場合は時間がかかる
ヒートカッター 熱で毛を焼き切る ・ある程度の長さを残して少しずつ脱毛ができる
・肌を傷つけず脱毛ができる
・直接皮膚に刃が当たらないため脱毛にコツが必要
・毛がすぐに伸びてくる
電気シェーバー 高速回転する刃で毛を切る ・ある程度の長さを残して少しずつ脱毛ができる
・肌を傷つけず脱毛ができる
・直接皮膚に刃が当たらないため脱毛にコツが必要
・毛がすぐに伸びてくる
ワックス 肌に塗り乾いたらはがす ・手軽で安価
・比較的短時間で脱毛できる
・はがすときに痛い
・赤みやヒリつきなどの炎症がおきる場合がある
除毛テープ 肌に貼りはがす ・手軽で安価
・比較的短時間で脱毛できる
・はがすときに痛い
・赤みやヒリつきなどの炎症がおきる場合がある
光脱毛 毛根にあるメラニンに効果のある光を照射して自然な脱毛をうながす ・痛みが少ない
・永久脱毛ではないためあとで毛を生やすことができる
・脱毛機器が高額
・サングラスなどで目を保護する準備が必要

セルフ脱毛は皮膚トラブルに注意しよう

自宅でセルフ脱毛は可能ですが、気をつけないと以下のような皮膚のトラブルに発展する場合があります。

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)とは、毛穴の奥にあり毛根の先端部分である「毛包」が傷つき細菌に感染することで起こります。赤くなったり赤く膿んだりする場合があります。
毛嚢炎になった場合は一時的に脱毛を控え、1週間を目安に症状が続く場合は医療機関を受診しましょう。

やけど

背中やVIOなど、脱毛部位によってはどこを照射しているのかわかりにくいことがあります。ほくろのある場所や色素沈着の多い場所に光をあててしまい痛みを感じる場合もあります。
ひどい場合はやけどになるケースもあります。

色素沈着

脱毛で刺激を受けた肌はメラニンという色素を作ります。肌に残ればシミやくすみの原因になってしまいます。

埋没毛

皮膚が傷つき毛穴の出口がふさがれると、次に毛が生えてきた場合に出口を失います。皮膚の下で毛が伸びると黒いブツブツがみえてきます。

肌あれ

カミソリなどで肌の表面に傷がつくと肌の保湿機能が衰え乾燥につながります。皮膚が乾燥すると粉が吹いたように白く見える場合もあります。

脱毛機器でVIOをセルフ脱毛するコツ

VIO脱毛は、手元が良く見えないため、難易度が高い脱毛部位のひとつです。デリケートな部位だからこそ、より一層ケガに注意することが大切です。

脱毛機器で脱毛したあとは、肌への負担を軽減するため保冷剤や脱毛機器の冷却機能などで肌を冷やしましょう。

Vゾーン

椅子に座り軽く足を開きます。最初はへそ付近から少しずつ下に向かってまんべんなく脱毛機器を移動させていきます。脱毛機器は照射面が肌から浮かないように垂直にしっかりあてましょう。
足の付け根付近は外側からでも内側からでもやりやすい方から行います。

Iゾーン

脱毛しない部位(特に肌の弱い箇所)は布で保護しましょう。片足を椅子に乗せて目視しながら慎重に照射します。見えづらい箇所は鏡を使うと便利です。痛みがある場合は無理をせず、粘膜に光をあてないように注意します。

Oゾーン

セルフ脱毛では非常に見えづらい部位ですが、床に鏡を置いてまたがるようしゃがみ込んで脱毛部位を確認します。
色素沈着が多い部位で痛みを感じやすいため、弱い光でも辛さを感じる場合には照射を控えるようにしましょう。

ゼルモなら安心して施術が受けられる

セルフ脱毛の方法はいくつもあり、自宅で脱毛することも可能です。しかし、場合によっては皮膚トラブルの原因になったり自己処理しづらかったりする部位があります。
ゼルモであれば、感染対策をしっかりと行っているので、コロナ禍でも安心して施術が受けられます。

ゼルモ全店で感染症予防の対策を実施中

ゼルモでは全店舗で新型コロナウイルス感染予防の対策を徹底しています。

  • 換気
  • 設備消毒
  • スタッフの検温(毎朝)
  • スタッフのマスク着用
  • スタッフの出勤人数調整
  • スタッフの手指アルコール消毒

なお、ご来店時にはお客様の検温と手指のアルコール消毒にご協力いただいています。

ゼルモは1室貸し切りのプライベート空間で施術を受けられるのが強みです。プライバシーが守れる一方、最低限のスタッフ以外と会わないよう配慮されているため、感染のリスクが減らせます。

メンズ専用脱毛器と専門スタッフの施術による確かな技術力

ゼルモのVIO脱毛は、光脱毛・ワックス脱毛の2種類をご用意しています。形や濃さなどをご要望にあわせて施術を行うため、さまざまなニーズに対応できます。

光脱毛では、痛みを軽減して脱毛効果を高めるメンズ用の脱毛マシン「ZELMO」を新しく導入しています。肌や毛の状態にあわせて負担を減らした施術が可能です。

自宅でのセルフ脱毛は注意点多数!安全な施術は脱毛サロンがおすすめ

コロナ禍のなかセルフ脱毛に挑戦する方も多くみられますが、VIOなどデリケートな部位はサロンでの施術が手軽で安心です。

ゼルモの場合、光脱毛の初回特別体験が9,000円(税込)、ワックス脱毛の初回特別体験が8,000円(税抜)です。手間と苦労、脱毛道具の費用の負担なく施術を受けたい方はぜひ一度メンズサロンの利用を検討してみてください。

恵比寿・銀座・渋谷のメンズ脱毛「ZELMO」

無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket