すね毛はどれくらい減らすのがおすすめ? すね毛の脱毛法をご紹介

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket

すね毛はどれくらい減らすのがおすすめ? すね毛の脱毛法をご紹介

体毛に悩む男性は非常に多くいます。特にすね毛は人の目にとまりやすいので、減らしたいと考える方は少なくありません。例えば、夏場や暖かい時期にはハーフパンツをはいて快適に過ごしたいものですが、すね毛が濃いと、女性から見た目が悪い、清潔感がないと嫌がられてしまいます。ここでは、すね毛が濃くなる原因や、すね毛を減らすための処理方法などについて、詳しくご紹介します。

この記事のポイント

  • 毛の濃さはホルモンや遺伝に影響を受ける
  • すね毛が濃いと女性から嫌がられるもののツルツルなのも逆に好まれない
  • 自己処理でもいいが面倒なら脱毛サロンがおすすめ

どうしてすね毛が濃くなるのか?

どうしてすね毛が濃くなるのか?

そもそも、すね毛はなぜ濃くなってしまうのでしょうか。その原因を探っていきます。

男性ホルモンが体質的に多い

体内のホルモンが大きく影響し、男性ホルモンが多い人ほど、毛は濃くなっていきます。次のような場合、男性ホルモンが強くなる傾向です。

  • 筋トレを頻繁に行っている人
  • にんにく・うなぎ・牡蠣などの滋養強壮に良い食材を多く摂取している人
  • タバコ

ホルモンバランスの乱れ

本来、ホルモンバランスが適切に保たれているのに、なんらかの要因によってそのバランスが崩れると、男性ホルモンが多くなることがあります。それによって、ある日体毛が濃くなってしまうことも。ホルモンバランスが崩れる要因としては、次のものが考えられます。

  • ストレス
  • 睡眠不足

特に、ストレスは、睡眠不足を招いたり、ほかの病気の原因になったりするので、日ごろからストレス発散することを意識するようにしましょう。「好きな音楽を聴く」「映画を観に行く」「本を読む」「ゆっくりと入浴する」「趣味に没頭する」なども方法の一つです。自分のストレス解消になるものであれば、何でもいいので1日の中にリラックスタイムを作って日々の疲れを癒しましょう。

睡眠不足は自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れにつながります。質の良い睡眠時間を取るために、枕やマットを替えてみるなど、いろいろと試してみるようにしましょう。

栄養バランスの乱れ

ひとり暮らしの男性で料理などを一切しないという方は少なくありません。「実家が遠くて気軽に帰れない」「料理が面倒くさい」といった場合は、偏った食生活になる傾向があります。思い切って料理を始めてみるのもおすすめです。ちなみに、大豆イソフラボン(大豆類・豆腐・納豆など)を含む食材を積極的に摂取すると男性ホルモンの増加が抑えられます。

女性は男性のすね毛をどう思っている?

男性が気にしているすね毛の濃さは、実は男性が気にしすぎているだけで、女性はそれほど気にしていないのかもしれません。女性の中には、男性が気にしているすね毛の濃さでも気にしないという方も少なくありません。しかし、あまりに毛が濃いと生理的にいやだと感じてしまう女性は増加傾向にあります。そのため、やはり体毛が濃い男性としては、すね毛の濃さに関して、一定量の対策が必要であるといえるでしょう。

しかし、すね毛がまったくないツルツルの状態になると、逆にツルツル過ぎて嫌だという意見も増えてきます。ここが乙女心の難しいところ。すね毛に悩む男性は、ある程度すね毛を処理しつつも、すべて処理するのではなく、適度に薄いすね毛の状態を作り上げる必要があるのです。

すね毛を処理することのメリット

すね毛を処理することのメリット

すね毛が濃いことに悩む男性が、すね毛を処理することで、どのようなメリットがあるのか、詳しくご紹介します。

例えば、夏場はハーフパンツが必須アイテムという人も多いでしょう。せっかくおしゃれを楽しめる季節なのに、すね毛が濃いことで周囲の視線におびえて長めのパンツスタイルやジーンズを着用することになるのは非常に残念です。すね毛の処理を少しだけすることで、ファッションの幅は大きく広がります。好きな服、おしゃれな服を楽しむことができるのは、すね毛を処理する大きなメリットとなるでしょう。

また、濃いすね毛を女性に見られるのが嫌と感じているのと同じくらい、同姓にも見られたくないと悩む男性は意外に多い傾向です。例えば、友達や仲間と海に行く際に、毛が濃いから水着を着ることをためらってしまうこともあるでしょう。また、家族や同僚と温泉、旅行、サウナに行く際、裸を見られるのが恥ずかしいということもあるかもしれません。すね毛を処理するだけで、さまざまなイベントを満喫できるのであれば、事前に対策をしておきたいですよね。

毛が濃いことは、その人の特徴となりやすい傾向があります。場合によっては、からかわれるきっかけになってしまうこともあるでしょう。社内の女子に、「○○さんって毛深いよね」とうわさされたり、「もじゃ男」などのあだ名をひそかに付けられたりした場合は、さらに悩みが積み重なってしまいます。

滑らかですべすべの肌を一度経験してみると、その肌の感触からもう二度とボーボーのすね毛にかかわりたくないと感じるでしょう。ケガをした場合も、毛に邪魔されることなく手当ができます。

「毛が濃い」というコンプレックスのために、本当の自分を出し切れていない人は少なくありません。たった一度の人生です。悔いのないように、自分の悩みにマッチングした脱毛に挑戦することで、自信を持てるようになるでしょう。

先にご紹介したように、もちろん体毛が濃いことを気にしないという女性もいますが、生理的に嫌だと感じる女性も少なくありません。すね毛を適切に処理することで、「清潔感」を生みやすくなります。生理的に嫌だと感じていた女性も、すね毛を処理するだけであなたがその嫌悪の対象から外れることが期待できるため、モテる確率も高くなるかもしれません。

すね毛の自己処理方法

すね毛の自己処理方法

ここでは、自己処理ですね毛を処理するための方法について、詳しくご紹介します。

ハサミ

すね毛には、密度があまりないけど長さが結構あるという場合もあります。そのような場合、カットをするだけである程度すっきりする可能性も。おすすめしたいのは、通常のハサミではなく「すきばさみ」です。最初のうちは、薄くし過ぎてしまう可能性もありますが、すね毛そのものをサクサクと切っていくことによって、減毛することもできます。

バリカン

バリカンは、すね毛の長さを調節しつつ、手早く広範囲を薄く処理できるのがメリットです。簡単で手早くできるため、時間がない方にも向いています。均一の長さに整えられるのも魅力です。

ブリーチ

日本人の体毛は黒いため、すね毛があるとかなり目立ちます。「すね毛は処理したくないけど、見た目上薄くしたい」という場合は、ブリーチ(脱色剤)がおすすめです。ブリーチで毛の色素を薄くすることで、すね毛の濃さも目立たなくなります。ただし、すね毛の毛量自体が減るなどということはないため、あくまでも色を目立たなくしたい方向けです。デメリットとして、毛が伸びてくると脱色部分と生えてきた黒い毛の部分の違いが目立ってきてしまいます。また、よく見るとすね毛が濃いことがばれるので気を付けましょう。

カミソリ

低コストで手早く処理できるものといえば、カミソリです。もともと毛が濃い男性であれば、生えてくるのも早い傾向があるので、翌日にはチクチクと生えてくるかもしれません。毎日剃ってお手入れをするのは意外に大変で

す。また、肌が弱い人の場合は、カミソリ負けに注意が必要。アフターケアをきちんとする必要があります。

除毛クリーム

除毛クリームは、コスパも悪くないため、選択肢の一つといえるでしょう。除毛であれば、再び生えてきてもカミソリとは異なり、チクチクの不快感を少なくすることができます。しかし、脱毛する面積が広めなので、除毛クリーム代が高くなることも。また、毛が濃ければ濃いほど、うまく除毛できずに変にムダ毛が残ってしまう可能性もあります。皮膚へのダメージは少なくないので、皮膚トラブルを避けるためにも、除毛後には保湿を行いましょう。

ボディシェーバー

ボディシェーバーは、ツルツルにすることもアタッチメントを装着して好きな長さに調節することもできます。長さを整えれば、すっきりした印象になるでしょう。すね毛以外にも全身試すことができるので、コスパは悪くありません。ただし、あくまで剃るだけのため、すぐに生えてくる点はご注意ください。

すきカミソリ

すきカミソリは、すね毛を程よく残しながらも適度な濃さにまですね毛を刈り取ることができます。均等に剃るにはコツがいるため、慣れるまでは失敗もするかもしれませんが、自宅で好きな時間を選んで簡単にでき、費用もさほどかからないのはうれしいですね。

ブラジリアンワックス

痛みを伴いますが、毛根から毛を一気に除去することができるため、自己処理のなかでも一番キレイに処理することが可能です。しかし、完全にすね毛のない「ツルツルすべすべ肌」になってしまうため、注意が必要になります。ワックス脱毛は、毛根から一気に毛を抜くため、次の毛が生えてくるまで時間がかかりますが、数週間でまた毛が生えてきます。また、初心者がブラジリアンワックスを独自で行うのは、少し難しいかもしれません。もし選択するのであれば、プロに任せたほうが安心です。

毛抜き

毛抜きは、毛をキレイに抜くことができるものの、すね毛が多いほど時間がかかるので、毛が濃い人にとってまったく適していない方法です。また、埋没毛が発生することもあり、肌トラブルにつながることも少なくありません。しかし、膝の周りやカミソリでは難しいような凸凹した箇所であれば、毛抜きもピンポイントな箇所で活躍してくれる可能性もあります。

脱毛サロンでのすね毛処理方法

脱毛サロンでのすね毛処理方法

最近では、脱毛サロンですね毛の処理を行う男性は珍しくありません。むしろ、男性でも毛の処理をするのは当たり前の時代になりつつあるといえるでしょう。VIO脱毛などは、一歩踏み出すのに勇気が必要かもしれませんが、ヒゲやすね毛などは手軽に始めることができます。特に、サロンの光脱毛であれば、痛みをあまり感じることなく、自分の好きな濃さに調整することができるためおすすめです。

「ほぼ毛のない状態」を目指していなければ、数回通う程度で十分。「ツルツルは嫌」という女性も中にはいるため、ある程度は残して男性的な一面も見せておくことも方法の一つです。すね毛の伸び具合を常に気にしながら夏場を過ごすよりも、脱毛サロンでプロのスタッフに任せるほうが気分も楽ではないでしょうか。

定期的に通う必要があるものの処理はお任せのサロン脱毛

すね毛は、遺伝やホルモンバランス、生活習慣などによって濃くなるので、なかなか薄くすることはできません。そのため、何かしらの処理が必要となるでしょう。最近では、自己処理をするための便利なアイテムも非常に多くなっています。しかし、自分で定期的に行うのは、何かと面倒です。脱毛サロンであれば、定期的に通う必要があるものの、処理はすべて任すことができるのでとても簡単。コストも比較的掛からないので、一度試してみてはいかがでしょうか。

恵比寿・銀座のメンズ脱毛「ZELMO」

無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket