除毛クリームのメリット・デメリットとは?使い方やおすすめ商品も紹介

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket

除毛クリームのメリット・デメリットとは?使い方やおすすめ商品も紹介

リーズナブルな価格で簡単に広範囲の除毛ができる除毛クリーム。一度試してみたいと思っている男性もいるかもしれません。しかし、肌への影響やどの部位に使えるのかといった基本的な知識は確認したい点です。

今回は、そんな除毛クリームの特徴とメリット・デメリットから、商品の選び方や基本的な使い方、おすすめ商品までをまとめて紹介します。手軽に使えるとはいっても、顔には使えないなど、あまり知られていない特徴もあるため要チェックです。

この記事のポイント

  • 除毛クリームは10~30代男性の37.0%が試してみたいムダ毛処理方法
  • 除毛クリームの魅力は手軽に広範囲の体毛を処理できる点
  • 除毛クリームで処理しにくい部分は脱毛サロンで処理するのもおすすめ

除毛クリームは10~30代男性の37.0%が試してみたいムダ毛処理方法

除毛クリームは10~30代男性の37.0%が試してみたいムダ毛処理方法

2019年6月にTesTeeが貝印とコラボして行われた「ムダ毛処理に関する調査レポート」によると、10~30代の男性の37.0%は、これから試したい脱毛方法として除毛クリームを選んでいます。さまざまなムダ毛処理方法の中で、この数値は最も高い数値です。
(「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co」)

すでに利用しているムダ毛処理方法は、カミソリや電気シェーバー、毛抜きの割合が高く、除毛クリームを使っている人も比較的多く見られます。広範囲を一気に処理できる除毛クリームは、低価格でムダ毛処理ができることもあり、注目されていると考えられる結果です。

若い世代の男性は、大きな関心を寄せている除毛クリーム。しかし、使ってみる前に除毛クリームの特徴や使用するメリットとデメリットを押さえておきましょう。

除毛クリームによるムダ毛処理のメリットとデメリット

除毛クリームによるムダ毛処理のメリットとデメリット

除毛クリームは、薬剤で毛を溶かして除毛するための商品です。毛を構成する主な成分は、タンパク質ですが、たんぱく質を溶かすことで除毛します。そんな除毛クリームを使用したムダ毛処理には、どのようなメリットとデメリットがあるかをまとめてみました。

メリットデメリット
  1. 一気に広範囲の除毛ができる
  2. 痛みがない
  3. 手間がかからない
  4. どんなタイプの体毛や日焼け肌にも使える
  1. 肌が弱い人には使えない
  2. 時間をしっかり測って使わないと肌を傷めるリスクがある
  3. 2週間程度でまた毛が生えてくるので定期的な処理が必要
  4. 顔用の除毛クリームはほとんどない

除毛クリームが届く範囲で毛を溶かすので、広範囲を一気に処理でき、仕上がりはなめらかでツルツルになります。ただし、毛穴の奥までは届かないので、処理できる毛はあくまでも表面に生えてきている毛のみです。そのため、2週間程度経過すると、またムダ毛が伸びてくる点は、シェーバーなどを使ったムダ毛処理と同じといえるでしょう。

それでも、皮膚表面に出ている毛なら、白髪や薄い毛などどんな毛でも関係なく処理でき、きれいな状態を保てるという点は、とても大きなメリットです。価格も比較的安価で、1本2,000円程度見ておけば、十分良い品質の商品が購入できます。夏場のレジャーで「一瞬だけ脱毛したい」という場合には強力な味方になるでしょう。

タンパク質に影響を与えるため、あまり長時間肌に付けたままにしていると、肌まで傷つけてしまう点には注意が必要です。しかし、使い方に指示されている時間でしっかり洗い流せば、基本的に問題はありません。敏感肌の人は、敏感肌用の除毛クリームを探して、パッチテストをしてから使うようにしましょう。

除毛クリームのデメリットとしてもう一つ注意したいのは、「顔に使える商品がほとんどない」という点です。男性の場合、「ヒゲの除毛に使えないか」と思う人もいるかもしれませんが、ボディ用の除毛クリームをヒゲに使うのはさけてください。

除毛クリームの選び方3つのポイント

除毛クリームの選び方3つのポイント

さまざまな除毛クリームが市販されていますが、商品を選ぶときのポイントは以下の通りです。

  • 使える部位が自分に合っているか(デリケートゾーンや顔など)
  • 肌への負担が軽いか、あまり多くの成分を含んでいるものは要注意か
  • 風呂場の中で使えるなど手軽に扱えるか

しっかりと確認しておきたいポイントは、「使える部位と自分の用途があっているか」という点です。VIOなどデリケートゾーンには、使えない商品も多くあります。具体的に、どの部位用なのかがしっかりと明記してありますので、自分が除毛したい部分が含まれているかは必ず確認してください。

また、肌への負担ができる限り低いものを探しましょう。肌に優しい除毛クリームは、必ず「敏感肌用」や「低刺激」といった文言は書かれています。初めて除毛クリームを使う場合は、まず肌に優しいタイプの除毛クリームから試しましょう。

肌への負担という意味で、もう一つ注意したい点が、あまり多くの成分が入っていないかどうかです。どの成分が肌に合わないかが分からないため、多くの成分を含む商品は、肌に合わないリスクが高くなります。

使いやすさのチェックは、基本的に入浴中に使えるかどうかが大きいでしょう。その場で洗い流せるタイプで、放置時間も5分程度とあまり長くないものが便利です。また、クリームをまんべんなく伸ばすヘラなどがついていると、手にあまりクリームを付けずに済みます。

最近では、スプレータイプの除毛クリームもありますが、まんべんなく塗るという意味では扱いづらいといえるでしょう。

おすすめの除毛クリーム3選

おすすめの除毛クリーム3選

ここからは、市販やネット通販で購入できる除毛クリームの中から、肌に優しくしっかり除毛もできるおすすめの除毛クリームを3つ紹介します。

  • リソー販売 エピプレミアムクリームDX 除毛剤(500g)
  • NULL メンズ 除毛クリーム(200g)
  • ミリオナ化粧品s-fit 除毛クリーム(200g)

いずれの商品もおすすめですが、適用部位やそれぞれの商品特性には違いがありますので、自分に合ったものを選んでください。

リソー販売 エピプレミアムクリームDX 除毛剤(500g)

500g入りと大容量で、手足やビキニラインなど、「広い範囲の脱毛を一気に行いたい」というメンズに適した除毛クリーム。肌への刺激が少なく、除毛力はしっかりあります。「広い範囲の除毛や、定期的に何度か除毛したい」という人に向いている商品です。ただし、胸や腹・背中は適用部位に含まれないので注意しましょう。

本製品には、クリームを塗るためのツールがついていないので、別途自分でヘラなどを用意することがおすすめです。ヘラを使って塗ることで、まんべんなくクリームを塗ることができます。

適用部位:脚・腕・ワキ・ビキニライン

NULL メンズ 除毛クリーム(200g)

グリーンフローラルの香りで、除毛クリーム独特の刺激臭が少なく、肌にも優しい商品。顔と、アンダーヘアを除く部位に使える適用部位の広さも魅力です。この除毛クリームは、パッケージに「除毛」という単語がなく、一見して除毛クリームとは分からなくなっています。

「除毛クリームと悟られずに携帯したい」という場合にも適した商品です。乾いた肌に使わないといけない点には注意。

適用部位:腕・胸・足・背中・腹(顔、アンダーヘアVIOラインの使用不可)

ミリオナ化粧品s-fit 除毛クリーム(200g)

男女兼用の除毛クリームで、顔以外の全身に使える点が特徴です。使用時は、乾いた肌に使わないといけないため、少々使い勝手は劣ります。しかし、そのマイナスポイント以外は、肌への刺激も少なく除毛力の高さも申し分ありません。どの除毛クリームを使うか迷うなら、まず1度試してみるのに適しています。

本商品には、クリームを塗るためのヘラも付属しているので、わざわざヘラを別途用意しなくて良い点も魅力的です。

適用部位:全身(顔の使用不可)

除毛クリームの基本的な使い方

除毛クリームの使い方は、基本的に以下の通りです。
1.入浴して身体をきれいに洗い、除毛部位をきれいにする
2.乾いた肌に使う商品の場合は、ここでいったん身体を拭く
3.除毛したい部分に、除毛クリームをまんべんなく塗る
4.指定の時間放置する(5~10分程度という指定が多い)
5.除毛クリームを洗い流す
6.肌に赤みなど異常が発生していないかを確認し、保湿クリームなどで除毛部位を整える

商品によって違う場合もありますので、購入した除毛クリームの説明書をよく読み、注意点を守って使いましょう。特に、除毛クリームの放置時間は厳守してください。

除毛クリームを使用する際の注意点

除毛クリームを使用する際の注意点は以下の通りです。

  • 使い始めは必ずパッチテスト!問題ないかを確認してから使用する
  • 放置時間は厳守!肌を傷める危険性あり
  • 適用部位は必ず守る

除毛クリームを使うなら、使い始めは必ずパッチテストを忘れずに行ってください。腕の内側に少量のクリームを塗り、放置時間と同じ時間経ったら洗い流しましょう。24時間後に、その場所に異常が出ていないかを確認します。皮膚が赤くなっていたり、かゆみが出たりといった異常があれば、残念ながらその除毛クリームは肌に合わないと見て、使用を諦めましょう。

本格的に使用する際は、くれぐれも放置時間を厳守してください。除毛クリームは、毛のたんぱく質を溶かしているのですが、肌も当然たんぱく質を多く含むので、長時間付着したままだと肌まで傷つけてしまう可能性があります。

また、適用部位は必ず守りましょう。それぞれに適用部位から外れている部位は、適用できない理由があります。肌トラブルの元になりかねないので、指定の部位以外には使わないでください。

美容サロンで行う脱毛の種類と特徴

除毛クリームは、とても手軽に広範囲の除毛を可能とし、コストパフォーマンスにも優れた除毛ツールです。しかし、肌の弱い人や、顔の脱毛など、除毛クリームが使えない利用シーンも多くあります。また、VIOや背中など「自分で見えない部分の除毛は難しい」と感じることもあるでしょう。

除毛クリームを使ったムダ毛処理でカバーできない部分に関しては、美容サロンでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。除毛クリームに比べるとお金はかかりますが、気になる部分の脱毛もとてもきれいに仕上がります。ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいね。

恵比寿・銀座のメンズ脱毛「ZELMO」

無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket