夏のすね毛脱毛は日焼けに注意!光脱毛とワックス脱毛の使い分け

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket

夏になると、短パンファッションでアウトドアやマリンレジャーを楽しむ機会が増えてきます。しかし、短パン姿になると意外と目立つのが「すね毛」。すね毛がボーボー状態のままだと、女性の視線も厳しくなりがちです。

今回は、日焼けすると脱毛処理にどのような影響があるか、すね毛の脱毛方法「光脱毛」と「ワックス脱毛」をどのように使い分ければいいかについて解説します。

この記事のポイント

  • 夏のメンズファッション「短パン」になると女性の目はすね毛に集まる
  • 「ツルツルなすねは苦手」という女性もいるので、すね毛は適度に残して処理がおすすめ
  • 日焼けすると肌が敏感になる&光脱毛ができなくなる場合がある
  • 夏のすね毛脱毛は、日焼け前に済ませる
  • ちょうど良い毛量を目指すなら、光脱毛なら1~2回施術、ワックス脱毛は処理後少し時間を置く

メンズ夏のファッション「短パン」になると女性の目はすね毛に集中

夏になって毎日暑い日が続くと、涼しい短パンファッションに変える男性も多いのではないでしょうか。

男性のすね毛が嫌いだと思っている女性は65%

パナソニックの調査によると、「すね毛が濃い男性が嫌いだと思っている女性」は約65%もいます。その一方で、男性の約67%はすね毛処理を行っていません。
(panasonic 調べ:https://panasonic.jp/mens/honne.html

男性のすね毛は、女性にとってマイナスイメージです。特に、夏は短パン姿になったり水着姿になったりと、男性のすね毛が目に入る機会が多くなるため、気になる女性も増えます。

すね毛は適度に処理して整っている状態が女性受け良し

それでは、すね毛をきれいになくしてツルツルにすれば、女性の好感度は上がるのでしょうか。実は、すね毛に関しては「ツルツルの状態よりも、ある程度毛は残っていたほうがいい」と考える女性が多く見られます。

「すね毛が密集した状態には嫌悪感があるけど、ツルツルもちょっと気持ちが悪い」という人も。また、「ある程度毛があったほうが男性らしく見える」とすね毛に肯定的な女性もいます。現在パートナーがいる男性は、すね毛処理をする前にさりげなくパートナーの好みを確認しておくといいでしょう。

すね毛処理に関しては、「ツルツルにする」「毛の量を調整して整える程度にする」などどちらにするのか方針を決めておくと、脱毛方法を選ぶときに役立ちます。

日焼け後の脱毛に注意が必要な理由

脱毛処理の前に日焼けをしてしまうと、脱毛処理の方法によっては、施術自体を断られる場合もあります。夏の脱毛処理は、日焼けに注意しなければならない理由について2つ紹介します。

皮膚が敏感になっていて脱毛が負担になるため

1つ目の理由は、日焼けで皮膚が敏感になっていて、脱毛処理が負担になるためです。例えば、ワックス脱毛時には、皮膚表面と毛根組織に負担がかかります。ワックス脱毛に用いられるブラジリアンワックスなどソフトワックスの素材は、シュガーやハチミツなど肌に優しいものですが、それでもワックスシートを一気にはがす際、皮膚には負担がかかります。

日焼けで黒くなった肌では光脱毛の効率が落ちるため

2つ目の理由は、光脱毛の仕組み上、日焼けで黒くなった肌に光を照射しても、脱毛の効果が得られにくいためです。光脱毛は、毛根組織のメラニン色素(黒い色)を狙い撃ちして脱毛を促します。しかし、皮膚全体が日焼けして黒くなっていると、毛根組織をうまく狙えず、脱毛が難しくなるのです。

さらに、肌のメラニン色素に反応してやけどをする危険性もあります。そのため、多くの美容サロンでは、過度に日焼けした部位への施術は断られる場合があります。

夏のすね毛脱毛は光脱毛・ワックス脱毛どちらでもOK

以下に、光脱毛とワックス脱毛のメリット・デメリットをまとめました。

 

脱毛の種類 メリット デメリット
光脱毛
  • 広い範囲を短時間で脱毛
  • 好みの毛量に調整できる
  • 痛みが少ない
  • 日焼けした肌には使えない
  • すべて脱毛するには数回施術が必要
  • 色の薄い産毛は脱毛しにくい
ワックス脱毛
  • 1回でツルツルになる
  • 日焼けした肌でも除毛できる
  • 産毛でも除毛できる
  • 適度な毛量にするには生えてくるのを待つしかない
  • 必要なときにその都度施術が必要
  • 一気に引き抜くので痛みが強い

これらのメリット・デメリットを踏まえて、すね毛の脱毛方法として、光脱毛・ワックス脱毛どちらを選べば良いのかについて見ていきましょう。

毛量をある程度残したいなら光脱毛

光脱毛は、毛周期の「成長期」に当たる毛のみを脱毛します。また、施術してすぐに毛が抜けるわけではありません。毛根組織に影響を受けたムダ毛が少しずつ抜けていくため、通常、数回の施術を受けることで、すべての毛が抜けていきます。

ただし、この性質はすね毛処理の場合、「毛の量を調節できる」というメリットになります。自然に毛の量を減らし、ちょうどよい量にスッキリと整えることが可能です。

すねが日焼けをしておらず、「すね毛をツルツルにはしたくない」という場合は、光脱毛ですね毛処理をすると希望通りの結果を得られます。

すぐに結果を出したいならワックス脱毛

ワックス脱毛は、ある程度日焼けをしていても施術自体は可能です。光脱毛のように、メンズ脱毛サロンから施術を断られる心配はありません。また、一気にすべての毛を除毛できるため、「すね毛を今すぐツルツルの状態にしたい」という場合にも適しています。

逆に、毛量をある程度残したい場合は、ワックス脱毛をしてから1週間程度待ち、すね毛が再び生えてくるタイミングを待つ時間が必要です。「光脱毛を選ぶか」「ワックス脱毛を選ぶか」は、そのときの状況や希望の毛量、日焼けの具合などを加味して検討しましょう。

日焼けしてしまう前にすね毛の脱毛を始めよう

メンズ脱毛サロンのゼルモでは、すね毛の脱毛方法として、光脱毛とワックス脱毛の両方に対応しています。料金は、都度払いからお得な回数指定コースまで用意。すね毛の脱毛をどの程度まで行うか相談しながら進めることができます。

本格的なレジャーシーズン直前、日焼けをしてしまう前にすね毛の脱毛を始めてみませんか?ムダ毛がボーボーの状態から、適度に整ったすね毛にして、短パン姿にも自信を持って夏のレジャーを楽しみましょう!

恵比寿・銀座のメンズ脱毛「ZELMO」

無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket