ビジネスマナーの基本?ヒゲ脱毛でビジネスに相応しい清潔感を手に入れよう!

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket

ビジネスマナーの基本?ヒゲ脱毛でビジネスに相応しい清潔感を手に入れよう!

社会人にとって、見た目の印象は非常に重要です。特に、顔は相手が最初に見る部分なのでいつでも清潔感を保っておきたいもの。ただ、ヒゲが伸びるのが早い人の場合、夕方になると無精ヒゲが目立ってしまう人も多いのではないでしょうか。そのため、近年ではヒゲ脱毛はビジネスマナーと提唱されるケースも増えています。

ここでは、社会人でヒゲが目立つ場合、どのような印象を相手に与えるのかなどについて、詳しくご紹介します。

この記事のポイント

  • ビジネスシーンにおいて清潔さが重要でヒゲの処理もよく見られている
  • ヒゲが許容される業界もあるが一部の限られた業種しかない
  • ヒゲ脱毛をすれば毎日のヒゲソリから開放されて有意義な時間を手に入れられる

社会人には清潔さが重要

近年では、おしゃれとしてヒゲを生やしている方も多い傾向です。しかし、会社員として社会で働くうえで、まだまだヒゲが受け入れられないことも少なくありません。そもそも、社会人として顧客にサービスや商品を提供する立場のため、相手が不快な思いをしないような清潔感を重要視する企業は非常に多いでしょう。

なぜならヒゲをしっかりと剃って身だしなみを整えるのは、最低限のビジネスマナーだと考える人が多いからです。特に、採用選考において面接時に同レベルの評価の面接者がいた場合、最終的な決定ポイントとして身だしなみや清潔感で決めるということもあります。

同じ評価の2人が並んだのであれば、より清潔感のある見た目の人のほうが好印象を抱きやすいでしょう。社会人としてスタートラインに立つ段階でも、ヒゲが影響を与えることがあるのです。

朝ヒゲを剃っても夕方には目立ってしまうという方も

社会人として身だしなみの管理は重要なため、剃り残しのないように、毎朝念入りにヒゲ剃りをしてから出社する必要があります。本人は、鏡を見ないとわからないものですが、相手はしっかり見ているので、剃り残しがあると、かえってヒゲが目立ってしまうことも。「ビジネスマナーである身だしなみができていない」と思われてしまう可能性があるので気を付けましょう。

さらに、ヒゲのチェックは朝だけではありません。ヒゲが伸びるのが遅い人は、朝ヒゲ剃りをしっかりやっていれば済むこともあります。ただ、男性の中には「朝しっかりと剃ったはずなのに、夕方には毛が生えてきている」という方も少なくありません。そのため、夕方などに顧客とアポイントがある場合、だらしない印象を与えてしまうこともあります。そうならないように、ヒゲ剃りを持ち歩いている方もいるのではないでしょうか。

ただ、ヒゲを剃っているだけでは、どうにもならない方もいるかもしれません。太くてかたいヒゲの場合、剃ってもごま塩のように目立ってしまう可能性があります。特に、「皮膚が薄い」「色が薄い」場合、ヒゲの剃り跡が目立ってしまって悩んでいるという方も少なくありません。そのような場合は、ヒゲ剃り以外の対策が必要となるでしょう。

ヒゲがあると良い印象を与えにくい

ヒゲがあると良い印象を与えにくい

ヒゲは、よほど整えられた状態でなければ、よい印象を与えることは難しいでしょう。また、整えられているといっても、近年人気のおしゃれなヒゲスタイルは、一般的な職場や企業において受け入れられないことも。さらに、整っていても、ヒゲに対してよい印象を持っていない人もいます。

初対面などでは、事前にそれを見分けることは、特に難しいといえるでしょう。逆に、ヒゲがある状態と比較して、ヒゲがまったくない状態で相手から悪い印象を持たれることはあまり聞かないことでしょう。ヒゲを好印象に思わない方は、次のような印象を持っていることが多いです。

  • 不潔
  • だらしない
  • チャラい

また、ヒゲを生やすのは「おしゃれになりたい」「男らしくワイルドに見せたい」という願望のほか、肌荒れを防いだり、紫外線から肌を守ったりするなどのメリットがあります。しかし、悪い印象を持たれるリスク以上のメリットはあまりないといえるでしょう。そのため、多くの人と出会う社会人であればあるほど、ヒゲを含む身だしなみを整えておくに越したことはないのです。

ヒゲがあっても許される業界もあるが限られる

ヒゲがあっても許される業界もあるが限られる

一般的な企業勤めの会社員であれば、ヒゲのない清潔感のある顔が好まれる傾向です。しかし、業種によってはヒゲが生えていても許される場合もあります。例えば、アパレル関係の職種や、美容業界といった場合は、おしゃれであることもセールスポイントの一つです。ファッションに合わせて整えられているヒゲは、拒絶されることは少ないでしょう。

また、IT関係でもヒゲを生やしている方が多い傾向です。IT企業は、そもそも服装を自由にしていることが多く、それに合わせてファッションとしてヒゲを伸ばしている方が少なくありません。ただし、どちらの業界でも整えられたヒゲであることが条件であり、だらしなく伸びた無精ヒゲなどは、業界を問わず嫌われてしまう可能性があるので気を付ける必要があります。

社会人におすすめのヒゲ処理方法2点

朝の忙しい時間帯、じっくりとシェーバーでヒゲを丁寧に剃るのは、時間がもったいないです。できれば効率よく確実にヒゲを剃りたいですよね。ここでは、おすすめの処理方法をご紹介します。

高性能な電気シェーバーを導入する

電気シェーバーは、価格もピンキリです。しかし、あまりに安いものだと、しっかりと深剃りできなかったり、押し付けすぎて肌を傷つけたりするリスクがあります。高性能な電気シェーバーであれば、肌をしっかりと守りながら、目立たないように深剃りすることも可能です。

また、センサーによってヒゲの有無を確認して自動的に出力を強くしたり、抑えたりしてくれる機能がある電気シェーバーもあるため、ヒゲ剃りの時間を短縮させることが期待できます。もちろん、価格はそれなりにしてしまいますが、毎日使うものなので1回当たりのコストを考えるとそれほど高い買い物ではありません。

毎日のヒゲ剃りの時間が短くなれば、新聞をゆっくり読んだり、コーヒーを飲んでリラックスをしたりなどの時間を確保することができるでしょう。

ヒゲ脱毛をする

毎日のヒゲを気にするくらいであれば、「いっそのことヒゲ脱毛をする」というのも一つの方法です。ヒゲ脱毛をすれば、毎日のヒゲの手入れ時間を格段に短くすることもできます。永久脱毛が完了すれば、そもそもヒゲの処理方法に悩まされることもなくなるでしょう。

ヒゲ脱毛をする場合、コストがかかるもののシェーバーを定期的に買い替えたりするコストを考えるとトータル的に安くなることもあります。時間の節約にもなり、ヒゲを気にするストレスもなくなるのでおすすめです。

ヒゲ脱毛で社会人が得られる2つのメリット

ヒゲ脱毛で社会人が得られる2つのメリット

ヒゲ脱毛をすることで、主に次のようなメリットを得られます。

見た目の印象が良くなる

ヒゲ脱毛をすることで、ヒゲが伸びにくくなったり、ヒゲそのものがなくなったりするため、見た目の印象が若くなります。特に、ヒゲが濃くて太い方の場合、皮膚が薄いと青ヒゲ状態になるのですが、脱毛をすることで青ヒゲをなくすことが可能です。また、ヒゲが伸びるのが早い方も、ヒゲ脱毛をしておくことで夕方になってもつるつるの状態を維持しやすくなるでしょう。

朝の時間短縮になる

ヒゲ脱毛をすることで、ヒゲ剃りの時間を短縮することができます。ビジネスマンにとって、朝の時間は非常に重要です。睡眠をしっかりととって疲労回復することはもちろん、ニュースや新聞を読んで情報収集をすることも大事。ヒゲ剃りで時間をとられると、それらの時間が圧迫されてしまいます。
ヒゲ脱毛をすることで、その時間をほかの有意義なことに費やすことができるでしょう。例えば、自己啓発の時間を設けたり、散歩などの時間を作ったりすることも期待できるため、充実した毎日を送ることができるでしょう。

ヒゲ脱毛5つの種類

ヒゲ脱毛5つの種類

一言でヒゲ脱毛といっても、主に5つの種類があります。ここでは、主なヒゲ脱毛について、詳しくご紹介します。

1.毛抜き

自宅でもできる手軽な脱毛法としては、毛抜きでの脱毛があげられます。ヒゲを1本1本抜く手間はかかるものの、一度抜いてしまうと、伸びてくるまである程度時間を置くことが可能です。また、剃った場合伸びてくるときに断面が平らになった太い毛が伸びてきて、非常に目立ちます。抜いてしまった場合は、通常の毛が伸びてくるので目立ちにくいというメリットがあるでしょう。
ただし、毛抜きで毛を抜く場合、肌を傷つけてしまうリスクや、埋没毛などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

2.ニードル脱毛

ニードル脱毛は、電流の通っている針を、毛穴に差し込んで毛乳頭を破壊して脱毛をする方法です。古くから主流であった脱毛法であり、永久脱毛ができるのが魅力。色素の薄い毛や細い毛にも対応しているので、どのような方でも効果を得られます。

ただし、毛穴に一つずつにニードルを刺していくので非常に時間が掛かり、1回あたりの施術できる範囲も狭いため、何度も通って脱毛をしていくことが必要です。なお、ニードル脱毛は医療クリニック、脱毛サロンどちらでも受けられることが多いでしょう。

3.医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、メラニン色素の黒い色に反応する光を照射して、毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。ニードル脱毛と同様に、永久脱毛ができます。毛周期に合わせる必要があるため、「ある程度の回数を通うことが必要」「ゴムで皮膚をはじいたときのような痛みがある」といった点がデメリットです。しかし、永久脱毛できる点は非常に魅力的でしょう。

4.光脱毛

光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれており、医療レーザー脱毛同様に光を照射して脱毛する方法です。医療レーザー脱毛は、クリニックでしか施術できない特殊な機械を用いるのに対して、光脱毛は出力が低いため、医療機関ではないサロンでも使用することができます。

ただし、出力が弱いことから、ある程度脱毛するためには長期間施術を受ける必要です。また、永久脱毛にいたるのは難しい傾向ですが、何度も通うことで永久脱毛に近い状態にすることは期待できます。

5.ワックス脱毛

ワックス脱毛は、ワックスをヒゲに塗ってワックスに固定されたヒゲを一気に抜く脱毛法です。除毛に分類されますが、短時間で一気に脱毛でき、さらに施術後からツルツルな状態になるのが特徴。一定期間で、また毛が生えてしまいますが、「将来的にはヒゲを生やしたいので、永久脱毛をしたくない」という場合にもおすすめです。

脱毛で清潔感を手に入れよう

一部例外のある業種を除き、現代社会において、ヒゲが生えていると不衛生に感じられたりだらしなく感じられたりするなど、悪い印象を抱かれることも少なくありません。ビジネスマナーとして清潔感が求められているため、ヒゲはしっかりと処理することが必要です。ヒゲ脱毛は、処理の回数を減らしたり、処理そのものから解放できたりするため、人気が高まっています。「わずらわしいヒゲ処理をなくしたい」と悩んでいる場合は、ヒゲ脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

恵比寿・銀座のメンズ脱毛「ZELMO」

無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket