メンズVIO脱毛を徹底比較!アンダーヘアの最適な脱毛方法はどれ?

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket


近年、男女を問わずVIO処理の関心が高まってきています。この実態を調査してみましたところ、VIO処理を行っている男性が増加していることが分かりました。

今回は、どれぐらいの男性がVIO処理をしているのかを詳しく見てみましょう。そして、ポピュラーな自己処理の方法や、自己処理を行う場合の問題点などについても紹介します。

この記事のポイント

  • 男性の67.3%がアンダーヘアを処理している
  • ポピュラーな自己処理方法とそれぞれの注意点
  • 自己処理の方法によって「短い毛が下着から飛び出す」「カミソリ負けする」などの問題がある
  • メンズサロンでのVIO処理なら自己処理による問題点を解消できる

男性の67.3%がアンダーヘアをケア!

東京都内に住む20~40代の男女を対象にした調査によると、男性の67.3%はアンダーヘアを処理していると回答しています(※1)。さらに処理をしていない男性も、約3人に1人が「将来的にはケアしたい」と答えています。また、同調査によれば、脱毛を目的にクリニックを利用する男性が3年間で4倍以上に増加し、そのうち2割はアンダーヘアを含む部位の施術を望んでいたとのことです。

ちなみに女性のアンダーヘアの処理率は87.5%に上り、9割近くの女性がVIO処理を行っているという調査結果もあります(※2)。さすがに女性には届かないまでも、男性の美意識が高まっているといえるでしょう。

※1 医療法人社団風林会 リゼクリニック調べ

※2 MUSEE PLATINUM調べ

男性のアンダーヘアでポピュラーな自己処理方法をチェック

先ほどの調査では、自己処理によるVIO脱毛を行っている男性も多いようです。この自己処理では次のような方法がポピュラーです。

  • ハサミでカット
  • シェーバーで剃毛
  • 毛抜きで抜く

ハサミでカット

ムダ毛カット用のハサミで、不要な部分の毛をカットする方法です。シンプルで痛みもなく、自由に長さを決められる点がメリットといえるでしょう。一方で、自分の目が届きにくいIラインやOラインのカットはうまくできない人が多いようです。

シェーバーで剃毛

シェーバーでの剃毛は、自分の目が届きにくいIラインやOラインでもハサミに比べて処理しやすく、痛みもほとんどありません。また、ムダ毛処理に適した機能を持つ電気シェーバーなら、剃りやすさはさらにアップするでしょう。しかし、どうしてもカミソリ負けをしがちな人もいるようです。また、すぐに短い毛が出てきてチクチクしてしまうこともあります。

毛抜きで抜く

毛を根元から抜く自己処理方法です。毛根から抜くので、また毛が生えてくるまでの時間がハサミやシェーバーに比べて長い点がメリットといえるでしょう。しかし、「痛みを伴う」「一度に多くの毛を処理できない」「目の届かない部分は非常に処理しづらい」など、デメリットも多くあります。

VIO脱毛で自己処理すると何が問題?

自己処理によるVIO脱毛では、さまざまな問題が発生する可能性があります。ここからは、どのような問題が発生するのかを知って、それでも自己処理をするのかどうかを考えてみましょう。

短くカット・剃毛だと下着から毛がはみ出す

ハサミによるカットや、シェーバーでの剃毛でVIOの処理を行うと、処理した毛がすぐにまた伸びてきて、チクチクした状態になります。顔の髭剃りをした後、1~2日経過した状態を想像してみれば、ざらついた状態になることがイメージできるでしょう。

その状態では、IラインやOラインはかなり不快です。さらに、短く伸びた毛が下着からはみ出し、見た目も美しくない状態になってしまいます。

カミソリ負けする

シェーバーでの剃毛は、どうしてもカミソリ負けしてしまうでしょう。顔の髭剃りの場合は、シェービングクリームを使って肌への負担を抑えることも可能ですが、デリケートなVIO、特にIラインやOラインにシェービングクリームを使うと、クリームで肌に悪影響が出る可能性もあります。

尻毛(Oライン)やIラインなど見えない部分がきれいに処理できない

VIO処理のうち、Vラインと呼ばれるビキニラインの処理は、自分の目で見ながら処理ができます。しかし、尻毛(Oライン)やIラインは、自分では目の届かない部分のため、自己処理をするのは難しく、なかなかきれいに整えることができません。

メンズサロンでのVIO脱毛なら自己処理で起こる問題点も解消!

VIOを自己処理すると起こりがちな問題は、メンズサロンのVIO脱毛を活用することで解決が可能です。ここからはメンズサロンでのVIO脱毛の特徴をはじめ、どのような点で自己処理の問題点を解消できるのかを解説します。

別の人が処理することでくまなくきれいに整えられる

自分では見えない部分も、他人の手で処理できる点は、メンズサロンを利用したVIO脱毛のメリットです。特に、自分では見えないIラインとOラインも、処理できない部分がないため、スッキリとした仕上がりになるでしょう。Vラインも、きれいな下三角形に整えたい場合は、自分で処理するよりも整った形で処理できます。

光脱毛やワックス脱毛で毛根からムダ毛を除去

メンズサロンでは、VIO脱毛の手段として「光脱毛」と「ワックス脱毛」の2種類を提供しています。これらの処理方法は、毛根からムダ毛を除去することが可能です。特に、光脱毛の場合は、毛が生えてくるまでかなり時間がかかります。そのため、「すぐに伸びてきて下着から毛がはみ出す」という状態になりにくい点もメリットです。

前処置やアフターケアで肌の負担を軽くする

メンズサロンでは、施術の前後に肌を保護するための処置を行います。たとえば、光脱毛の場合は、施術前に保湿成分や消炎効果、抗炎症効果がある冷却ジェルを肌に塗布し、肌の負担が少なくなるようにします。

また、アフターケアでは、鎮静と保湿効果のあるアフターケア用ジェルを使用し、肌の負担を軽減し肌の調子を整えるよう処置します。

アンダーヘアをきれいに整えたいならメンズサロンでVIO脱毛を

今回、ご紹介してきました自己処理とメンズサロンでのVIO脱毛を比較すると、それぞれ次のメリットやデメリットがあることが分かります。

自己処理

方法
メリット
デメリット
ハサミ ・シンプルで痛みがない ・IラインやOラインの処理が難しい
シェーバー ・IラインやOラインも処理しやすい

・痛みがない

・カミソリ負けすることがある

・すぐチクチクする

毛抜き ・また生えてくるまでの時間が長い ・痛みを伴う

・一度に大量に処理できない

・目の届かないところの処理が難しい

メンズサロン

方法
メリット
デメリット
光脱毛 ・自分では確認できない部分もきれいにできる

・毛が生えてくるまでの時間が長い

・前処置やアフターケアが充実している

・お金がかかる

・通う必要がある

ワックス脱毛

この比較によって、メンズサロンでVIO脱毛を行うと、肌への負担を可能な限り抑えながらアンダーヘアをきれいに整えられることがお分かりいただけるでしょう。

VIOは手早く自己処理することも可能ですが、もし自己処理に不安や限界を感じる場合は、メンズサロンでの脱毛を検討することをおすすめします。

恵比寿・銀座のメンズ脱毛「ZELMO」

無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket