体毛の濃い原因4つ!毛を薄くする生活習慣とムダ毛処理方法も紹介

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket

体毛の濃い原因4つ!毛を薄くする生活習慣とムダ毛処理方法も紹介

一般的に、男性は女性より体毛が濃いものですが、その原因は何にあるのでしょうか。今回は、体毛が濃くなる原因と体毛を薄くする対策、体毛を薄くするムダ毛処理方法について解説します。

この記事のポイント

  • 体毛が濃くなる主な原因は遺伝、男性ホルモン、食生活、生活習慣
  • 遺伝以外の原因については生活習慣の改善で毛が薄くなる場合もある
  • 生活習慣を改善しても体毛が薄くならない場合はムダ毛処理を検討しよう

体毛が濃くなる原因4つ

体毛が濃くなる原因4つ

  • 体毛が濃くなる原因は主に以下の4点です。
  • 遺伝による影響
  • 男性ホルモンの過剰な分泌を招く食生活と生活習慣
  • 皮膚への刺激
  • 喫煙によるホルモンバランスの乱れ

それぞれの原因について、詳しく解説します。

遺伝による影響

遺伝的に、体毛が濃い人は一定割合存在します。自分の両親や祖父母を見て、体毛の濃い人がいる場合、影響を受けて自分も体毛が濃くなるのはどうしても避けられません。生まれつき毛穴の多い体質の場合も、毛穴の数だけ体毛の本数が多くなり結果的に体毛が濃くなります。

遺伝による影響がはっきりしている場合、先天的な体質を変えることはできません。この場合は、体毛を直接脱毛や減毛する方法が適しています。医療機関で永久脱毛を試みるか、減毛・除毛・体毛の脱色(ブリーチ)など、ムダ毛処理の方法はさまざまです。

男性ホルモンの過剰な分泌を招く食生活と生活習慣

体毛には、性ホルモンに大きな影響を受けて生える性毛と、性ホルモンに関係なく生えてくる無性毛の2種類があります。男性ホルモンの過剰な分泌により、濃くなる性質を持つ体毛は性毛です。

性毛は、さらに性ホルモン全体に関連する両性毛と、男性ホルモンに大きく関係する男性毛の2種類に分かれます。生活環境の乱れや食生活で男性ホルモンが過剰に分泌されると、以下の体毛が濃くなる原因となり得ます。両性毛と男性毛に該当する体毛は以下の通りです。

<両性毛>
わき毛・陰毛下部

<男性毛>
ひげ・胸毛・背中の毛・耳毛・腕や脚の太い毛・陰毛上部(へそ下)

男性ホルモンは、第二次性徴を過ぎると多く分泌されるため、どうしても体毛は濃くなっていきます。10~20代は、自分の体毛が濃くなっていくのも、ある意味当然のことです。しかし、第二次性徴を過ぎて落ち着いているのにもかかわらず、最近性毛が濃くなってきたと感じる場合は、男性ホルモンが過剰分泌する食生活や生活習慣が関係している可能性があります。

食生活においては、男性ホルモンを増加させる原因になるといわれている動物性たんぱく質を多く含む肉類、エビやカニなどの甲殻類は、摂り過ぎないよう注意したい食材です。質の悪い睡眠も問題になりかねません。十分な睡眠が取れていないと、ストレスが高まり体毛が濃くなる原因の一つになります。

厚生労働省が発表している「健康づくりのための睡眠指針 2014」によると、日本人の平均的な睡眠時間は6 時間以上 8 時間未満が一般的です。睡眠時間は、個人差が大きい部分ですが、日中に眠気が強まる場合、睡眠不足であると判断できます。

また、身体の冷えも、体毛が濃くなる原因の一つといわれています。なぜなら、身体を冷やすと、身体を保温しようとして体毛が濃くなると考えられているからです。男性は、女性に比べて体温が高いという傾向はありますが、暑がりでついついエアコンで室温を下げすぎたり、冷たい飲料ばかりを飲んだりすると、身体を冷やしてしまいます。

皮膚への刺激

皮膚への刺激も、体毛が濃くなる原因と考えられています。ムダ毛処理の方法として一般的なシェービングですが、皮膚に刺激を与えないような処理方法を検討することも必要です。カミソリを使ってシェービングをすると、皮膚にある細胞を刺激して皮膚を守ろうとする働きから体毛の1本1本が太くなってしまう説や、皮膚が自身を守るために体毛の本数を増やす説もあります。

喫煙によるホルモンバランスの乱れ

喫煙は男性の体内にも存在する女性ホルモンの一種、エストロゲンを減少させてしまいます。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンの割合が多くなるため、体毛が濃くなるのです。体毛が濃くなる原因の中には、対策が可能なものもあります。濃い体毛を薄くするための対策として、まず生活習慣で改善できる対策を見ていきましょう。

濃い体毛を薄くする!改善したい4つの生活習慣

濃い体毛を薄くする!改善したい4つの生活習慣

  • 濃い体毛を少しでも薄くするために、改善したい生活習慣は以下の4点です。
  • バランスの取れた食生活で男性ホルモンを適量に
  • 十分な睡眠でホルモンバランスを乱さない
  • 皮膚への過剰な刺激を控えるムダ毛処理
  • タバコをやめてホルモンバランスを整える

具体的に、どのように改善していくのかについて詳しく説明します。

バランスの取れた食生活で男性ホルモンを適量に

バランスの取れた食事を続けると、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが整い、体毛が濃くなる原因の一つを取り除くことが可能です。「バランス」とは、栄養だけでなく、「規則正しい時間に食べる」という食習慣そのものも含みます。

男性ホルモンを作りだす肉類を食べる場合は、肉だけでなく植物性たんぱく質である大豆製品も同じように摂取するようにしましょう。大豆は、女性ホルモンの一種であるイソフラボンを含む食品です。

  • 個別の食材を意識することも良いのですが、栄養バランスの取れた食生活をするために「栄養3・3運動」を意識してみてください。この運動は、朝・昼・晩の「3食」、栄養食品群の赤・黄・緑の「3色」がそろった食事を摂る運動です。3食の栄養食品群の概要は、以下の通りです。
  • 赤:血や肉を作るたんぱく質を指す(肉・魚・豆など)
  • 黄:体を動かすエネルギーとなる炭水化物を指す(米・パン・麺類・芋類など)
  • 緑:体内のバランスを整える(野菜・果物・海藻・キノコ類など)

1食ごとに、これら3食がそろった食事を意識することで、栄養バランスが取りやすくなります。食事の時間は、規則正しく、就寝時間の2時間前には食べ終わっていることが理想です。寝るときに食べたものがお腹に残っていると、知らず知らずのうちに身体のストレスになってしまいますので注意しましょう。

十分な睡眠でホルモンバランスを乱さない

睡眠の平均時間は、加齢につれて少なくなることが知られています。厚生労働省によると、10代前半の平均睡眠時間は8時間以上ですが、20年経過するごとに30分ずつ短くなります。例えば、25歳なら7時間、45歳になると6.5時間、65歳になると6時間といった具合です。

  • ただ、加齢以外のさまざまな生活習慣で、眠りが浅く質の悪い眠りで、すっきりしない人も少なくありません。質の良い眠りを得るために、生活習慣を改善するポイントは以下の通りです。
  • 適度な運動で身体を疲れさせて眠りやすくする(ただし深夜の運動はNG)
  • しっかり朝食を摂り朝の目覚めをはっきりとしたものにする
  • 寝酒は眠りを浅くして中途覚醒するためNG
  • 就寝前3時間以内のカフェイン摂取や喫煙は入眠の妨げになるのでNG

皮膚への過剰な刺激を控えるムダ毛処理

シェービングは、皮膚への強い刺激を与えるムダ毛処理です。カミソリを使ってムダ毛処理をする場合は、比較的肌のきめが整っている朝がおすすめ。逆に、夜や肌がふやけて傷つきやすくなっている入浴中は、肌への負担が大きいので避けてください。

タバコをやめてホルモンバランスを整える

喫煙によって女性ホルモンが減少してしまいます。相対的に男性ホルモンが優先になり、体毛が増加する原因の一つになります。自分自身がタバコをやめるだけでなく、受動喫煙も避けるように意識しましょう。

生活習慣の改善と並行して進めたい!濃い体毛を薄くするムダ毛処理3選

生活習慣の改善と並行して進めたい!濃い体毛を薄くするムダ毛処理3選

  • ここまで紹介した生活習慣の改善により、濃い体毛が薄くなっていくことが期待できます。ただ、生活習慣の改善だけで体毛の濃い状態が改善できない場合は、ムダ毛処理を行って体毛を薄くすることも検討しましょう。おすすめのムダ毛処理の方法として、以下の3つを紹介します。
  • ボディシェーバー
  • 美容サロンで行う光脱毛
  • 医療機関で行う医療レーザー脱毛

肌の刺激を抑えて体毛を短く整えるボディシェーバー

ボディシェーバーは、体毛処理専用に作られている電動シェーバーの一種です。ボディシェーバーの優れた点は、「体毛を短く刈り込める」「肌の色や毛の色などに関係なく処理できる」ということ。体毛を短く刈り込んでスッキリと整えたい場合や「自分で処理をしたい」という人にはおすすめです。

美容サロンで行う光脱毛で体毛を薄くする

美容サロンで行う光脱毛は、ツルツルの状態を目指す人だけでなく、脱毛する部分と残す部分を決めてデザインをしたいという人におすすめです。美容サロンで使うレーザー機器は、医療レーザー脱毛より出力が弱くなっています。痛みも比較的弱めというメリットがある一方、永久脱毛ではないため、定期的に美容サロンへ通うことが必要です。ただ、肌の色が黒い場合や毛の色が薄い場合は利用できない点は注意しましょう。

金銭的な余裕がある場合は医療機関で行う医療レーザー脱毛も

「毛根組織を完全に破壊して体毛を永久脱毛したい」という場合は、医療レーザー脱毛という選択肢になります。かなり痛みは伴いますが、一度脱毛した毛は生えてきません。医療レーザー脱毛は、自由診療になり美容サロンよりも費用がかかります。永久脱毛が希望で金銭的な余裕がある場合は検討してみると良いでしょう。なお、光脱毛と同じく肌の色が黒い場合や毛の色が薄い場合は利用できません。

体毛が濃い原因を把握して生活習慣の改善とムダ毛処理を進めよう

これらが自分の体毛が濃い原因に当てはまり、改善可能だという場合は、まず生活習慣の改善を進めてこれ以上体毛を濃くしないように意識してください。生活習慣の改善だけでは成果を実感できるまで時間がかかります。そのため、並行してムダ毛処理も進めましょう。

恵比寿・銀座のメンズ脱毛「ZELMO」

無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket