メンズの光脱毛に使う脱毛器の仕組みと家庭用・業務用の違い

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket

メンズの光脱毛に使う脱毛器の仕組みと家庭用・業務用の違い

ついついヒゲを抜いてしまう……ということはありませんか?クセになるとハマってしまい、なかなか止められない人もいます。しかし、ヒゲを漫然と抜いていると、肌に対する負担が大きくトラブルの元になることも少なくありません。本記事では、ついヒゲを抜いてしまう人の心理と、ヒゲを抜くことの危険性について解説します。

この記事のポイント

  • 家庭用脱毛器は手軽に使える反面出力は弱く自分でスキンケアなども必要
  • 家庭用脱毛器を使った脱毛は美容サロンでの光脱毛に比べて皮膚の保護などのケアがどうしても手薄になる
  • ゼルモで使用している最新式の脱毛器「ルネッサンスウオモ」の紹介

医療機関やメンズ美容サロンで行う脱毛と家庭用脱毛器の特徴

医療機関やメンズ美容サロンで行う脱毛と家庭用脱毛器の特徴

医療機関のレーザー脱毛とメンズ美容サロンで行う光脱毛、そして家庭用脱毛器は、それぞれに「光」を照射して脱毛する仕組みです。それぞれの脱毛方法の特徴を確認し、家庭用脱毛器の能力について見ていきましょう。

医療機関の医療レーザー脱毛

医療機関の医療レーザー脱毛の特徴は以下の通りです。

  • 医療機器のレーザー照射機で毛包部を狙いレーザーで毛母細胞を破壊する医療行為
  • 照射パワーが強く、脱毛した後は毛が生えなくなる効果が期待できる
  • 光脱毛よりも出力が高いため、痛みを感じやすい
  • 光脱毛に比べて施術料金が高いことが多い

レーザーで毛母細胞を破壊することで、その毛を二度と生えないよう永久脱毛を目指すことは、医療行為にあたります。そのため、医療レーザー脱毛は、医師のいる医療機関でのみ実施できる脱毛方法です。毛母細胞を破壊するには、それなりに強い照射パワーを照射するため、「照射したときの痛みはかなり強い」というデメリットも生じます。

施術を受けた後は、毛はほぼ生えず、生えて北としても産毛で目立たない状態になり、もう脱毛をする必要はありません。1回ですべての脱毛は終わらず、2ヵ月程度に1回通い続けて脱毛を進めていき、10回程度で脱毛が完了します。ただし、部位の広さや毛の濃さなども関係するため、完了する回数は前後することも少なくありません。

メンズ美容サロンの光脱毛

メンズ美容サロンで受けられる光脱毛の特徴は以下の通りです。

  • 医療レーザー脱毛より出力が弱く痛みが少ない
  • 医療レーザー脱毛に比べて施術料金がリーズナブルで続けやすい
  • 医療レーザーに比べて効果を実感するまで時間がかかる傾向
  • 医療レーザー脱毛のように永久脱毛にはならず継続的な施術が必要

美容サロンで行う光脱毛は、毛母細胞を破壊するような出力で光を照射することはできません。そのため、医療レーザー脱毛より弱い光を照射することになり、毛の抜けるスピードも遅くなります。照射する光の出力が弱いため、痛みを感じる度合いは少ないというメリットがある一方、効果を実感するまでには時間がかかってしまうという点がデメリットです。

医療レーザー脱毛のように、永久脱毛にならない点は、メリットデメリット両方の側面があります。もう二度と生えてきてほしくないIOラインなどの部位なら、永久脱毛のほうがメリットは大きいでしょう。

逆に、デザインを気分で変えてファッションに合わせたいヒゲの脱毛やビキニラインの脱毛は、「永久脱毛せずに美容サロンで光脱毛にする」という使い分けができます。

家庭用の脱毛器

家庭用脱毛器の特徴は以下の通りです。

  • 医療レーザー脱毛や光脱毛に比べてさらにより出力が弱く自分で強さを調整できる
  • いつでも自宅で好きなだけ処理できるので気楽に始められる
  • 医療機関や美容サロンに通うのと同程度の出費
  • 光の照射回数による部品の交換が必要
  • スキンケアなども自分で行わなければならない

家庭用の光脱毛器は、家庭でも扱えるほど出力を弱めてあります。また、照射の強さも自分で調整できる点が大きな特徴です。いつでも自宅で、好きなタイミングで始められるため、仕事などで忙しい人には人気があります。

光脱毛と同じ理由で永久脱毛はできませんが、処理した毛は以前よりも薄く細い毛になるので、続けていくと効果は実感できるでしょう。価格は、アイリスオーヤマの「エレピタ」のように1万円程度の安価なものから、ヤーマンの「レイボーテ グランデ」のように10数万円になる高価なものまでピンキリです。

医療レーダー脱毛に比べるとまだ安いですが、美容サロンの光脱毛と比べると、購入するかどうか少し迷うかもしれません。また、光の照射回数によって部品を交換する必要もあるので、維持コストがどれぐらい必要かも確認しておきたい点です。

また、自宅で施術するため、施術前後のスキンケアなどもすべて自分で行う必要があります。痛みを抑えるために、照射部位をあらかじめ冷却し、照射後に肌をクールダウンして保湿するなどのお手入れは忘れず行いましょう。

メンズが家庭用脱毛器を選ぶときのポイント

メンズが家庭用脱毛器を選ぶときのポイント

家庭用脱毛器は、女性向けに販売されていることが多い傾向ですが、男性用にも使えるものも多数あります。男性が家庭用脱毛器を選ぶときのポイントをいくつか紹介します。

  • ヒゲの脱毛が可能な機種かどうかを確認する
  • 出力の強さと出力調整の幅
  • 各部位の脱毛処理がしやすいようなアタッチメントがあるかどうか
  • 最大照射回数と交換部品の価格のバランス

家庭用脱毛器の中には、ヒゲへの照射を推奨しないものがいくつか見られます。「ヒゲ脱毛はしない」という場合は問題ありません。ただ、男性の多くはヒゲ脱毛を希望する人が多いので、「自分もヒゲ脱毛をしたい」と考えているなら、機種選びの際必ず対応部位を確認しましょう。

また、機種によって光を照射する強さや一度に照射できる範囲などが異なります。また、「自分で強さを調節して、痛みに慣れてきたら出力を上げる」という調整も欲しいでしょう。これらの機能は、機種によって少しずつ異なるため、見比べておきたい点です。

脱毛器の中には、「デリケートゾーン用」「フェイス用」など、処理する部位に合わせたアタッチメントを用意しているものもあります。アタッチメントがあると、その部位の照射がしやすい場合が多いので、商品の比較をする際、どのようなアタッチメントが就いているかも確認しましょう。

最大照射回数と、その回数を超えた後に交換する部品の価格は、ランニングコストを考える上で重要です。機器本体が安くても、交換部品が高いと後々負担になってくるため、この観点のチェックも忘れず行ってください。

家庭用脱毛器を使った光脱毛と業務用脱毛器を使った光脱毛の違い

では、家庭用脱毛器と業務用脱毛器の違いはどこにあるのでしょうか。最も大きな違いは出力の強さです。業務用脱毛器のほうが出力は高いため、脱毛効果は大きくなります。また、照射モードのバリエーションが豊富な点も美容サロンでの光脱毛のメリットです。

ゼルモで使用している業務用脱毛器の場合、速射モードで早く処理を終わらせることができます。ヒゲ脱毛用の出力に調整できるモードなどがあり、きめ細やかに対応することが可能です。また、使用する脱毛器の性能だけではなく、施術のクオリティにも違いがある点も重要な違いでしょう。

美容サロンでは、施術前に特別なジェルを処理する部位に塗り、痛みや肌への負担軽減を図ります。家庭で通常置いている化粧水などの基礎化粧品は、このジェルのような役目は果たせません。むしろ、施術時は何も塗らず清潔にすることが求められます。

このように、家庭用脱毛器での処理は、とても手軽である一方で、デメリットもあります。メリットをうまく活かして、美容サロンと使い分けるのもおすすめです。

自分で処理するのが大変な場合は美容サロンの光脱毛がおすすめ

自分で処理するのが大変な場合は美容サロンの光脱毛がおすすめ

家庭用脱毛器を使った自己処理もいいのですが、自分で処理するのは難しいと感じるなら、美容サロンの光脱毛も検討してみてください。ゼルモの光脱毛は、都度払いを設定していて、初回限定価格でどのような施術化が確認できます。

もちろん、施術前後のスキンケアなども用意していますので、肌への負担を軽減しつつ、脱毛を進めていくことが可能です。最後に、ゼルモが光脱毛で使用している純国産のメンズ脱毛器「ルネッサンスウオモ」の機能をご紹介しますので、家庭用脱毛器との違いをチェックしてみてください。

純国産のメンズ脱毛器「ルネッサンスウオモ」の紹介

特徴1:通常モードとダンディモードの2つのモードがある
胸毛や脇毛、脚や腕の脱毛には通常モード。ヒゲ(髭)やVIO(アンダーゾーン)など痛みを感じやすい部分には、痛みを抑えたダンディモードで施術します。

特徴2:光出力の強さが4段階ある
それぞれに出力の強さが1~4まで4段階あります。お客様の毛量・毛質にもよって異なりますが、最初は1からスタート。毛の量が少なくなっていくにあたり、光を毛根までしっかり届かせるために強さを上げていきましょう。

元々毛量が少なく、早く脱毛を完了させたいお客様には、ご要望に合わせて高い出力からスタートすることも可能です。ただし、毛量があるうちは、低い出力でも十分に光が毛根へ届き効果を得られます。

特徴3:毛質に合わせたモードがある
上記で述べた、通常モード・ダンディモード、それぞれに太い毛質用のBモード、産毛や細い毛質用のCモードがあります。毛質や脱毛初期あるいは脱毛完了前で、モードを分けて施術を行います。

特徴4:高速連射モードがある
メンズ全身脱毛を古い脱毛器の単発で照射していくと、3~4時間かかってしまいます。高速連射モードであれば、男性の全身脱毛が90分で、初回はカウンセリング含めても120分で完了です。

特徴5:2種類のフェイシャルモードがある
リンパの流れを良くし、血行を促進、小顔効果を促すリフトアップモードと、光によるニキビやシミを改善する美肌モード。2種類のフェイシャルモードが装備されています。2種類のモードとスタッフの熟練ハンドマッサージによるメンズフェイシャルエステも可能です。

家庭用脱毛器と美容サロンを上手に使い分けて!

家庭用脱毛器と美容サロンを上手に使い分けて!

家庭用脱毛器を使った自己処理は、自分の好きな時間にできる点が魅力的です。一方、美容サロンでの光脱毛は、スキンケアや技術面で安心、脱毛器を購入する初期コストに比べて手軽に試せる点で便利でしょう。例えば、自分で脱毛しやすい部位は家庭用脱毛器を使い、自分では処理しづらく肌も敏感なVIOは美容サロンでの光脱毛にするなど、使い分けてみてはいかがでしょうか。

恵比寿・銀座のメンズ脱毛「ZELMO」

無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリング
  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • HATENA BLOG
  • Pocket